相談して悩み解消

女性

ほくろ治療をするのは、悪性化するものを予防するという理由と、美容上のコンプレックスを解消するためという二つの理由があります。そして治療をした後には、ほくろがなくなるので明らかに結果がわかるというのが人気の理由です。

詳しく見る

理想の自分に出会おう

医者と看護師

病の克服の為のほくろ治療には保険適用され、美容整形を目的とする場合は自由診療扱いになる傾向があります。いずれにせよほくろ治療は病院やクリニック等で、予約を入れてからカウンセリングを受け疑問点等を解決していく事が大切です。

詳しく見る

施術内容について熟知する

カウンセリング

自分が診療を受けたいサービスについてしっかりと把握をする事が大事です。ほくろ治療を受けようとしているなら、ほくろ治療について詳しく調べる必要があります。その際に、他の治療についても興味をもってみても良いのかもしれません。

詳しく見る

自分にとって最善の施術

看護師

ほくろ除去施術をする際には、慎重に医院やクリニックを選定しましょう。また、選定をするにあたって必要な知識も事前に身につけておく事で、ほくろ治療に関して医師との相談で失敗をする確率も減らす事ができますのでほくろ治療に関心を持ちましょう。

詳しく見る

施術する時期に注意しよう

鏡を見る女性

ほくろの治療を受ける場合は、アフターケアすることまで視野に入れて、施術する時期を選ぶことが大切です。また、ほくろを除去した後の肌は、紫外線に注意が必要なため、紫外線の少ない時期に施術を受けることをお勧めします。

詳しく見る

悩みについて勉強しよう

顔に触れる女性

知識を得ればこわくない

現在、ほくろと呼ばれるのが一般的になっていますが、これは正式な名称ではありません。正式には、色素性母斑といい、できものの一種と考えられています。ほくろには、昔からある先天性のものと成長過程でできる後天性のものがあります。どちらの場合も、通常の場合は治療の必要がありません。しかし、異常がある場合は、病理検査を行う必要があります。しかし、医師でない限り、見た目から異常かどうかの判断は難しい場合が多いです。異常がある可能性が高いものとして、ほくろから出血があった場合や、急激に大きくなった場合などが挙げられます。そのような場合は、速やかに医師に診察してもらうことが大切です。また、異常がない場合でも、ほくろがあることに悩みを抱えている方は多いです。そのような場合は、美容整形外科などを利用し、ほくろを除去することが可能です。実際に、見た目からのコンプレックス解消のため、除去することを決断される方は非常に多いです。皮膚科でも治療可能ですが、治療後の綺麗な肌への仕上がりにこだわりたい場合は、美容整形外科をお勧めします。また、美容目的の治療の場合は、保険の適用外となるため、自己負担額を確認した上で施術を受けることが大切です。ほくろは、黒くて丸いものが一般的だと思われています。しかし、実際は非常に種類が多いです。まず、黒いもの以外に、白や青、茶色のものなどがあります。また、大きさや形も様々で、毛が生えている場合もあります。また、良性のものと悪性のものに分けることができます。良性のものには、老人性のものなどが挙げられます。老人性のものは、加齢とともに徐々に大きくなったり、腫れあがってくることがあります。色も黒や茶色などが多く、大きさも個人差がありますが、異常がないため安心です。また、昔からある小さいものや色の薄いものも、安全な可能性が高いです。次に、異常があるものとして、ほくろの癌が挙げられます。一部分だけ極端に濃い黒色になり、周りが茶色のようなほくろは注意が必要です。また、青っぽい黒色のほくろにも気を付けましょう。該当する場合は、治療が必要な可能性が高いです。ただし、ほくろに異常があった場合でも、早期に発見し、適切な治療を行えば完治することが可能です。そのため、心当たりがある方は、早めに医師に診察してもらうことをお勧めします。