施術内容について熟知する

カウンセリング

施術に対してのイメージ

ほくろ治療は失敗すると傷だけが残ったり費用がかかるだけで終わってしまいますので注意しましょう。口コミや評判が良いクリニックを選択しましょう。自分に合ったクリニックを選択するように心掛ける事です。ほくろ治療を受けるクリニックが決定したら、予約を電話または、インターネットでしましょう。この際に曜日や時間帯をしっかりと確認するようにする事です。曜日や時間帯によっては施術ができない場合がありますので十分に気をつけてください。電話をした時に受付の方に確認するのが良いです。予約が完了したら当日クリニックもしくは、医院に行きましょう。健康保険証を提示して、問診票を記入します。保険証を使わなければ10割負担となりますので十分に注意してください。受付を済ませる医師による診療になりますので不安な事などは、どのような事でも質問をするようにしましょう。わからない事がない状態になるまで聞きましょう。診断で問題がなければ治療を開始します。未成年の方は、保護者による同意の書面が必要になります。女性の場合は、メイクを落してもらいます。施術が無事終了しましたら、会計を待合室で待機する状態になります。クレジットが使える場合と使えない場合がありますのでご確認ください。ほくろ治療以外にも様々なサービスを提供しています。シミや痣などには、スイッチビーレーザーなどが効果的です。極めて短い時間に高いエネルギーを照射する装置の事を言います。黒いメラニン色素に吸収されるようになっていて色素細胞を破壊します。親指と人差し指で挟んで持てるくらいの大きさになっています。痛みもそこまでないので局所麻酔等は行っていません。肌の弾力やハリを取り戻すために、コラーゲンの増生が促されるレーザーもあります。フェイストリフトレーザーは、米国FDAの承認を受けたレーザー機器で、肌の色に関係がなく誰でも治療を受ける事ができます。最近小じわ、ハリ感がなくなりたるみ治療をしたいという人におすすめかもしれません。アトピー性皮膚炎などの皮膚の病気に対しても有効なものがあります。皮膚の病気に対して有用なエキシマ紫外線治療法といいます。紫外線を照射する事で免疫の働きを弱める作用を利用した方法になっています。細胞の増殖を抑える事で皮膚病を治す事ができます。痛みは特になく、温かい感覚だそうです。このように、ほくろ治療以外にもサービスがあり、それに応じた方法があります。