理想の自分に出会おう

医者と看護師

悩みを解消

ほくろ治療に必要な費用は、基本的には健康保険が適用されれば3割負担で間に合います。例えば皮膚がんの一種とされるメラノーマが疑われるケースは元より、出血の跡等のトラブルが確認出来る場合が当て嵌まります。また保険適用されるか否かは兎も角、ほくろ治療の相場について知って置くと後々役に立つかも知れません。相場を構成する要素は、種類・大きさ、数、加えて施術方法の4つです。端的に言えば特別な膨らみを帯びず、尚且ターゲットが小さく数も少なければ少ない程割安になります。更に施術方法は医師が決定しますが、炭酸ガスレーザーを利用すると安くなる傾向にあります。保険適用外ですが、手術をする事無くピンポイントでレーザー光線を照射しほくろ除去出来るので評判の良い施術法です。治療時間も僅かで、ほくろが小さければそれほど高額にはならない点もメリットと言えるでしょう。確かに保険適用は安価で済む傾向にあるかも知れませんが、必ずしもそうとは言い切れません。例えば美容目的から、レーザーでターゲットを除去するケースが該当します。とは言え除去したほくろを検査する予定があるなら、この方法は適切とは言えません。もし施術に迷いがあるなら、まずは皮膚科を訪ねてから決めても良いでしょう。ほくろ治療をしたいクリニックを決定したら、申し込みをする場合予約制か否かを確認しておく事が大切です。早く施術をしてもらいたいとして、アポイントメントを取らずに直接出向いても問題無いケースもあります。しかし完全予約制を敷いていると、長時間待つ必要に迫られる可能性もあります。貴重な時間を無駄にしない為にも、チェックしておきたいポイントです。直接電話で、クリニックにカウンセリングを申し込む方法でも良いでしょう。それとは対称的にホームページに電話番号を掲載しているだけに留まらず、予約専用フォームを用意しているクリニックもあります。相談内容における詳細事項の記入や、カウンセリングに都合の良い日時を選択出来る等、随所に工夫が凝らされています。またスマートフォン用に向けた、専用アプリを利用出来るクリニックも登場してきました。これなら深夜でも何処にいても、気楽にほくろ治療の申し込みが出来ます。カウンセリング当日は、質問事項や疑問点等をメモにしておくとクリニックの担当スタッフに聞き漏らさずに済みます。